読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是寧楽、時々ゴロゴロ

奈良好きが高じて通信制大学へ編入してしまったお話+α

9/4〜9/6 文化財学演習Ⅰ

f:id:kantaro5656:20150906210326j:image
恐怖の演習Ⅰが終わりました。
ポスター発表も何とかこなすことができ、ホッと一安心。ポスターの内容は全くもってダメダメな内容でしたが(^^;
参加された皆さんのポスターを見ると、テーマも様々、皆さんよくまとめられていて、真面目に取り組んでいるのがよくわかります。自分のポスターが本当にお恥ずかしい限りで・・・・・。
限られた時間でのポスター制作はやはり大変です。テーマが決まっているようなら、予め資料を作っておいたほうが良いです。2日目には図書館で資料を探す時間も割り当てられてますが、ある程度目星をつけておくのも良いと思います。奈良大の図書館のホームページでも蔵書検索できますし。

今回担当された先生から、卒論についてのお話を聞いて、少しだけ卒論への不安と恐怖が和らぎました。
テーマ選びは、好きなことや好きなものからと先生もおっしゃっていて、私の中でも授業を受ける前から卒論へは大まかなテーマとして自分の好きなことで決めていました。奈良大の卒論は現地・現物主義だそうで、そうなると身近なほうが良さそうな感じになります。初めに決めていたことだと、現地・現物主義としては時間が割けるのか疑問なところ。家路へと向かうときにふと何か他にないかと考えてみました。一番身近なところだと地元の遺跡になるけど、興味のある分野でもない・・・ならば、地元以外での近いところで考えてみたけど、それもちょっと・・・ということで、もう少し広げてみて、これだというのが見つかりました。これが卒論のテーマになるかはわかりませんが、車で無理なく行ける範囲なので、とりあえず一度訪れてみようと思います。
(今回、担当された先生は私とあまり年も変わらず、しかも同じ埼玉県のご出身。さきたま古墳群のお話も出てきて、勝手に親近感がわいた3日間でした。)


電話番号交換は今回ありませんでしたが、またまた素敵な出会いをした3日間でありました。スクーリングってやっぱりいいですね^^