読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是寧楽、時々ゴロゴロ

奈良好きが高じて通信制大学へ編入してしまったお話+α

今後の予定

明日から卒論計画書の再提出期間に突入しますが、今の自分では不足部分が多すぎると判断し、再提出はせず今期は見送ることにしました。

自分にとって、今までがせかせかとしたペースだったので、少しゆっくりすることにしました。燃料切れです(^^;

来年以降、卒論に専念できるように、今期は卒論を除いた残り22単位を全て取得できるように頑張ります^^

卒業論文計画書返却

4月の頭に出した卒業論文の計画書が戻ってきました。
結果は勿論、再提出。書いた本人が一番よーーーくわかっております。あれで合格なんてしたら、いざ卒論書く段階になったら、とてもじゃないけど書けません。
主査の先生からのダメ出しと有難いお言葉を胸に計画書の練り直しをはかります。一応、報告書コピーしておいてよかった。
他人の論文を鵜呑みにしないようにとのことで、大元は残しつつ掘り下げたテーマから大幅な変更を図ることにしました。
計画書の返却とともに、副査の先生も決まり、私の予想に反して主査クラスの先生が担当されることになりました。私にとっては夢の組み合わせとなったので、今期はなんとか卒論へと進みたいけど、次もダメなような気がしてならない。そう、それだけ自分の勉強が足りないということです。
再提出期間に間に合うように計画書を書き直し、再提出もダメだったら、来年以降、卒論に専念できるように今期は残り単位を充足させます。

言語伝承論レポート再提出

昨日、再提出で戻ってきた言語伝承論のレポートをポチっとしました。
指定文字数の前後10%ならいけるかと思い、その範囲で書き上げましたが、文字数不足という結果になりました(^^;
昨日はドン底でしたが、今日改めて講評に目を通すと、悪いことは書かれていない・・・けど、設題意図の把握度のみCというのが気になるところ。手直ししたけど、今更ながら大丈夫なのかと不安になってきてます(トホホ・・・)

言語伝承論レポート返却

4月25日に提出した言語伝承論のレポートがご帰還しました。帰ったてきたレポートは予想外の展開・・・設題2の字数が足りないというあり得ない凡ミス(ーー;)←笑ってやってください
初の再提出となりました。自分ではきちんと確認したつもりでいたけど・・・。
現代語の用例も不足していたので、それを補って再提出します。

産みの苦しみ

5月に入り、ようやく重い腰を上げて、歴史文学論の科目修得試験の答案作りを始めております。相も変わらず、なかなか進みません( ̄▽ ̄;
自分でも何故にこれで単位を取ろうと考えたのか不思議でなりません。レポート書いて合格いただけただけに、ここで引き下がるわけにもいかない。
5月の横浜で受けるつもりでいたけど、予定が入ったのでやめました。6月の東京で受けます・・・いや、受けたいのです。私の答案作りが完成しなければ受けたくても受けられないので、どうにかしないと・・・・・。

さてさて、本日、8月のスク用の宿を抑えました。(7月のスク宿は既に抑え済)
宿は3ヶ月前には予約が鉄則と信じています。8月の第1週は、昨年同様、取りづらい時期だど予想しているので、スクに行かれる予定の方はお早めに。

民俗学レポート提出

テキストを読み始めてから暫く寝かせておいた民俗学。先日の日本海側へ行ったときに運良くネタが出来たので、ようやくレポートに取りかかることができました。レポートが完成して本日ポチり。
民俗学は興味のある分野だったけど、だからといってレポートがスラスラ書けるとは限らないもので。テキスト読んで、どの項目を選定するか考えたときに思ったのが、地元にコレといった民俗学的要素がないなあということ。もしかしたら、私が知らないだけかもしれないけれど、至って平凡な地域なんだなと思った次第であります。

さて、東洋史概論のテキストを読み始めたけど、これがまあ読めない漢字のオンパレードで困っております。読めない漢字があれば、スマホ片手に調べて、テキストにルビふって・・・うむっ、効率が悪い。

4月のお出かけ〜奈良之巻〜


4月のお出かけ最終章は奈良へ。地元始発に乗って、強行日帰りの旅(笑)先月、日本海側へ行ったときも始発に乗ってみて、意外と頑張れることが判明。以前、日帰り京都旅も敢行してるので、奈良もイケるだろうと。観光だけの奈良なんて久しぶりです。

今日の目的は、予てより計画していた信貴山縁起絵巻の見学。先日の美術史特殊講義のプリントを片手に見学してきました。文化庁の復元模写も展示されていて、あまりの鮮やかな色に驚き。全然、印象が変わります。
縁起の成り立ちで展示されていた地獄草紙。どこかで見たことあったなと思ったら、デジタル復元を扱った本で目にしてたものでした。これもデジタル復元されたものを見ると怖さ倍増です。
過去に信貴山へ参拝した際に、空鉢護法堂へも足を伸ばしたことがあり、今日の見学で信貴山縁起絵巻の鉢と関係あるのではと気がつくことに。信貴山のHP見たら、『命蓮上人が竜王の教えを蒙り、信貴山縁起絵巻(飛倉の巻)の如く、空鉢を飛ばして倉を飛び返らせ、驚き嘆く長者に慈悲の心を諭して福徳を授けたという出来事に由来します。』と空鉢護法堂について説明されていました。気がつくの遅い・・・。
10:00過ぎに奈良博へ到着したので、どれもゆっくり見ることができました。トーハクだったらゆっくり見れないだろうな。
奈良博をあとにして、向かったのは春日大社へ。その前に、春日茶屋で万葉粥のお昼。
f:id:kantaro5656:20160427184244j:image
春日大社で御朱印をいただいているときに、ちょうど檜皮寄進の申込書が目に入ったので、寄進させていただきました。寄進の返礼品として、クリアファイルをいただき、特別参拝もさせていただきました^^御蓋山浮雲峰遙拝所の山藤がとても綺麗でした。
f:id:kantaro5656:20160427172717j:image
f:id:kantaro5656:20160427172756j:image
多賀神社の藤も見頃。
春日大社からは興福寺北円堂の開扉期間中だったので、久しぶりに無著・世親菩薩像とお会いすることができました。ほぼ貸切状態だっので、じっくり眺めることができました。弥勒如来の光背をじーっと眺めていると・・・飛天がいらしたのですね。
f:id:kantaro5656:20160427174302j:image
北円堂を出て見かけた鹿さん。写真だと分かりづらいけど、お鼻の右側に桜の花びら付けていました^^
f:id:kantaro5656:20160427174434j:image
南円堂付近では芝が八重桜の絨毯に。
その後、フラフラとお土産を見て、帰りの時間までけっこう余裕がある・・・さて、どうしようかと考えて、予てから行ってみたかったところへ潜入。
f:id:kantaro5656:20160427174809j:image
大西湯さんです。東向北商店街に入ってすぐの路地を曲がるとある、駅近の銭湯。15:00からの営業に合わせて地元のおばさま方の中に紛れてきました。はあ〜、気持ち良かった。
今回の日帰り旅は、行きの6時台ののぞみと帰りのひかりをエクスプレス予約のIC早得で少しだけ安く抑えることができました。(本当はIC早得タイプ21を利用したかったけど、間に合わず・・・)
これでまた勉強頑張れそうです。

f:id:kantaro5656:20160427183705j:image
夏の奈良博はこちらのようです。忍性といったら北山十八間戸ですな。